乗りログ > 工人舎 SC3KP06A レビュー

 工人舎のSCシリーズのSC3KP06Aを購入したので軽く(?)レビューしてみました。


 まずは外見から。

sc_top.jpg
 大きさをCDケースと比較してみたところ。
こんなに小さいです。
普通に売っているPCでこれより小さいのはVAIO type UとLOOX Uぐらいでしょうか。
WILLCOM D4を2つ並べた程度のサイズです。

sc_ac.jpg
 ACアダプタも非常に小さいです。
上に乗ってるのはPS3のコントローラ(SIXAXIS)。
標準バッテリーでは3時間ほどしか持たないということもあるのでしょうが、持ち運びしやすくて良いです。

sc_disp.jpg
 見ての通り、かなり映り込みます。
映り込み対策なしのグレアパネル(ツルツル液晶)としては普通のレベルでしょうか。
タッチパネルだからかは分かりませんが、液晶はザラザラした感じがする奴です。
正直見づらいですが、画質や発色は良いと思います。
また、これも見ての通りですが画面をひっくり返せます(タッチパネル)。
タッチパネル&ひっくり返せるというところに個人的にかなり魅力を感じたため、流行のEee PC等ではなくSC3KP06Aを選択しました。

 キーボードについてはASCII.jpさんの「工人舎「SC」 キー幅14.2mmの実用性と限界」という記事で詳しく述べられています。
自分は指が細いせいもありますが、意外にキーボードは打てます。
一番小さい文字キーで小指の爪サイズです。
個人的にはキーサイズが小さいことよりも、普通のキーボードと列ごとの左右の位置関係が少しだけずれているのが気になります。

 性能は、CPUがAtomの1.33GHz版ということもあり、ちょっともっさり感ありでしょうか。
XPなら軽く使えそうです。
スーパーπは1分57秒でした。
メモリは標準の1GBから2GBに増やしています。
もっさり感ありとはいえ普通に使えます。
サクサクといっている方も多いので、どれだけ軽量化するかと、普段使ってるPCがどれだけサクサクかによるレベルのようです。
HDDはHDDで(HDD/SSDをまとめた記憶装置はどう呼べば良いんでしょ)、1.8インチなこともあり遅いはずです。
そうHDDを使う使い方はしていないので分かりませんが…
また、HDDはカリカリいったり、急にカターンといったり、変な音を出したりしますが、サムスン製ということで納得。
気になる人は日本製と交換…も大変ですけどね、1.8インチなので。
1.8インチの格安SSDが出て欲しいところです。

 気に入ったところや不満点などをちまちま書いていきます。
本体はかなりかっちりと作ってあって良い感じですが、指紋が目立ちまくりなのがちょっと気になります。
SD/Express Cardが最後まで入らないのは不満です。
タッチパッドの左ボタンが右ボタンより幅を取っているのは何気に使いやすいです。
ヘッドホン・マイク端子が色付きで微妙に気になります。
排熱は結構出ます。

 以上、軽くというには長いですが、だらだらとレビューでした。


 続きの記事「工人舎SCシリーズ とか HDDベンチ」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。