作成者別アーカイブ: nolile

NASいらなす?

 4年前に購入したNASを便利に使っていますが、ふとNASである必要はないのでは? と思いました。
ブログに書かなかったので記憶ですが、仕事で出張することが増えてきて、簡単にインターネット経由で自宅のNASにアクセスできるというメリットを大きく感じて購入しました。
思ったよりも使用機会が少なかったた上に、インターネット公開したQNAPを対象をしたマルウェアが流行したこともあり、現在は使っていません
また、メイン機がMacだったため、PCIe付のNASであればPT3で地デジを録画できるというのも一つのメリットでした。
今はメイン機をWindowsにしたので、メイン機で録画することも可能です。
録画の信頼性や録画中に負荷がかかる作業や再起動できないことを考えると、メインマシンで地デジ録画するのは
デメリットも多いですが…

 他にもいろいろNAS上でアプリが使えて面白そうと思っていましたが、結局あまり使わなかったりしています。
普通のNASとしてファイル共有をする分には便利に使っているのですが、自宅にいる時にしか使わないので、それならWindowsでファイル共有するだけで良いのでは? と思い、それならNASいらなす? と思いました。

 メイン機にデータを入れずに、NASを使うメリットはこれくらいでしょうか。
・自宅内で複数端末からアクセスしやすい
 メイン機を起動していなくても、スマホやタブレットからデータにアクセスできる(自宅内)
 また、スマホやタブレット向けのQNAP NAS向けの専用アプリがあります
 普通のSMB Clientアプリとの差がどれくらいあるかは不明。
・バックアップが信頼できそう(復元はしたことなし)
 Windows向けバックアップソフトは未だにベストなものを見つけられていません。
・NASの常時起動と地デジ録画の常時起動を兼ねられる
 メイン機で地デジ録画すると録画中に負荷がかかる作業ができなかったり、再起動できなかったりする。
・安定していて気遣いが不要
 Windowsで録画機兼ファイルサーバを運用していた時は、たまに固まっていました。
・電気代が安い
 ワットチェッカーで待機時の電力を測ってみたところ、NASは27~29W、メイン機は46~51Wでした。
 (メイン機はバックグランドでいろいろ動いており、あまり安定しませんが…なるべくバックグランドのプロセスが動いていないタイミングで測定しました)
 NASの電気代は28W×24時間×365日で年間245kW、約6,500円です。
 メイン機を常時起動すると、既に一日のうち半分は起動しているとして、48W×12時間×365日で年間219kW、約5,500円の電気代が追加でかかります。
 差し引きして1,000円ほど、NASの方が電気代が高いです。高いんかい。

 逆にデメリットは…
・メイン機からのアクセス速度が遅い
 5Gbps LAN接続しているので、HDDの遅さがボトルネックにはなっていますが、体感速度は内臓ストレージの方が速い気がします。
・メイン機をMacに戻すことがあれば、録画マシンを組む必要がある
 Macに戻す可能性はあるような…ないような…
・電気代が高い
 計算したらNASの方が電気代の方が高そうなので、デメリットに移動しました
ぐらいでしょうか。

 デメリットが大きくないので今まで使い続けてきましたが、NASである必要もなす?

20年後の8月

 先日、20年前のホムペが出てきましたが、本日8月8日で初代ホムペ公開からちょうど20年となります。
つまり2002年8月8日はちょうど20年前なのです(進次郎構文)

 20年前の自分がどのような20年後を想像していたのかは覚えていませんが、想像とは一味違った20年後だと思います。
それでもパソコンやプログラミングが好きなのは変わらず…なんだかしみじみとしてしまいました。

 ウェブサイトのアドレス履歴をメモ書き。
2002/8/8~? http://hp.vector.co.jp/authors/VA031105/
?~2004/7/3 http://www2.pf-x.net/~nolile/
2004/7/4~2005/3/31 http://y30.net/nolile/
2005/4/1~ http://g-sce.com/

2022年も半分が終わり…あとMultiWallpaperをバージョンアップしました

 早いもので2022年も半分が終わってしまいました…
後半こそは本気を出して有意義に過ごし、価値のある一年にしたいと思います。(毎年思ってる)

 また、MultiWallpaperをバックアップしました。
前回の投稿とは関係なく、WebPへ対応しました。

今更ながらMultiWallpaperで画像配置がバグる原因が分かった

 それこそ公開当初からMultiWallpaperで画像配置がバグるという報告は頂いていたのですが、自分の環境で再現できずに対応できないままでした。
それが今更ながら自分の環境で再現でき、原因が分かりましたので、時間を見つけて直そうかなぁと思っています。

 一応何が原因かを書いておくと、「System.Windows.Forms.Screenのはなしは信じるな」ということです。
.NET FrameworkのScreenクラスでディスプレイの情報を取得すると、ほとんどの場合はWindowsで認識されている順番と同じ順番で取得できるのですが、環境によっては順番が変わるようです。
自分の環境では問題なかったので同じ順番だと思っていましたが、まあ誰かが同じ順番と明言したわけではないですね…
対策は調べている途中ですが、おそらくWin32 APIでディスプレイの情報を取得するしかないのかなぁと…面倒だなぁ…

バックアップといふものしてみむとて、するなり

 一年半前に組んだ自作PCでは今までバックアップをしてきませんでした。
基本的にデータはNASに保存しているので後回しで良いかな~と思ってましたが、一年半も使っているとローカルのデータも増えてきたのでそろそろバックアップをすることにしました。

 まずはOSの標準機能を試そうと思いましたが、Windows 11の設定にはOneDriveの同期しか見つからなかったので断念。(※)
QNAP製NASを使っており、純正でNetBak Replicatorというバックアップアプリが公開されているので試してみましたが、機能やUIが微妙だったので断念。
最終的に定番アプリのBunBackupを使うことにしました。
おっさんになったせいか最近はこだわりが減り、あまりOSのカスタマイズもしていないので、システム丸ごとのバックアップは不要という判断です。

 ちなみに、自作PCをメインにする前はMacBook ProがメインだったのでバックアップはTimeMachineで行っていました。
WindowsにもTimeMachineのようなバックアップ機能が欲しいですね。

※今調べたらコントロールパネルの方からファイル履歴の設定ができるようなので、機会があれば試してみたい

NASとPC間の通信を高速化してみた

 4年前に購入したQNAPのNAS TS-453BeとPCにQNA-UC5G1Tを接続し、NASとPCを直結することにより通信を高速化してみました。
QNA-UC5G1TはUSB 3.0接続の5Gbps LANアダプターです。
(厳密にはUSB 3.0接続なので、理論値で4Gbpsっぽい)
NASにはSSDも搭載していますが、基本的にはHDDなので、通信速度が1Gbpsから5Gbpsになったところであまりメリットがないため今まで1Gbps接続でしたが、気が向いたので5Gbps化してみました。

 LANケーブルは長さがちょうどいいものがなく、Cat.6(カテゴリ6)のケーブルを購入しました。
Cat.5e(カテゴリ5e)ケーブルの最大速度は規格上1Gbpsのようですが、調べてみると2.5Gbpsまで行ける説、5Gbpsまで行ける説、10Gbpsまで行ける説があり、気になったのでCat.5eのケーブルでも速度を計測してみました。
(間違いありましたら指摘いただけると嬉しいです)

 以下、CrystalDiskMarkで速度計測した結果です。

1Gbps HDD

1Gbps SSD
5Gbps HDD(Cat.6ケーブル)

5Gbps SSD(Cat.6ケーブル)
5Gbps HDD(Cat.5eケーブル)

5Gbps SSD(Cat.5eケーブル)

 1Gbps接続から5Gbps接続にすることで、最大で4倍近く速くなりました。
前述のようにUSB 3.0接続のため実質4Gbps接続と考えると、まずまずの結果ではないでしょうか。
HDDのReadがSSD並に速いのはあり得ないと思うので、キャッシュか何かの気がします。
多分Writeと同程度だと思うので、NASのストレージがHDDのみの場合は1Gbpsで十分そうです。
SSDはまだLANがボトルネックになっていそうですが、SATA3接続(6Gbps)のものなので、SSD自身の上限も近いです。
NVMe接続のSSDを使用しているのでなければ、10Gbps接続にしても(費用のわりに)嬉しくなさそう…

 また、LANケーブルはCat.6ケーブルでもCat.5eケーブルでも差はありませんでした。
リンク速度もどちらも5Gbpsとなっていました。(Windows 11のバグで705Mbpsと表示されますが…)

20年前のホムペが出てきた

 昔書き込んだCD-R/RWやDVD-R/RW/RAMを処分していたところ、20年前に公開していたウェブサイトのデータが出てきました。
最終更新日が2003年12月なので厳密には20年前ではありませんが、デザインは2002年の公開開始時から変わっていないと思います。
今見ても流石に恥ずかしい内容ですが、中学生のノリなんてこんなもんだろということで記念にスクショを貼っておきます。

 これから現在までに何度も移転や作り直しをしていますが、それらのデータはありませんでした。
わざわざ残していないので初期のデータが残っていた方が驚きですが…

久しぶりにiPadを使った感想

・やっぱり大きい
・大きいというか重い
・重さが半分くらいだったら片手でもらくらく持てて良いのに
・Androidに比べてタッチパッドの感度が良い
・感度が良いというか、タッチはタッチだと認識してくれて、誤タッチはタッチだと認識しないでくれて、といった判断が人間の感覚通りになっている感じ
・重い処理をするわけでもないので、iPad ProじゃなくてもiPad Airじゃなくても最新版iPad無印じゃなくても性能に不満はない(購入したのは第7世代iPadです)
・iPad無印にも横画面時のステレオスピーカーくらいは付けてほしい

勢いでiPadを買ってしまった

 なんとなくApple Storeの認定整備済製品のページを眺めていたところ、iPad(第7世代、Wi-Fi、128GB)が32,800円で売られており、これは安いのでは? と思い勢いで買ってしまいました。
「買う理由が値段ならやめておけ、買わない理由が値段なら買え」みたいな名言(?)にまさに反する行為であります。

 iPadはちょうど10年前の2011年3月に第3世代iPadを購入していましたが、持ち運ぶにも寝転がって使うにも大きくて使いづらく、その後購入したiPad miniの方を主に使うようになり手放しました。
ではなぜ今回はiPad miniではなくiPadを購入したかというと、スマホの大画面化により、iPad miniとスマホの大きさの差が小さくなったためです。
特に今はGalaxy Z Fold2を使っているため、iPad miniの画面サイズだとあまり差がないんですよね…
なので、「今の自分が10インチクラスのタブレットを手にしたらどう活用できるか?」を試すことになります。
さてさてどうなることやら…
すぐに売る可能性が高いため、100円ショップで安いケースを買って傷付けないように使いたいと思います。

門松は冥土の旅の一里塚

 めでたくもありめでたくもなし

 あけましておめでとうございます。
毎年思い浮かべている一句(?)ですが、ブログ記事で前回使ったのは2006年でした。
今年は2022年ですので、16年も経ってしまいました。
順調に冥土が近づいております…
最近はほとんど更新していないG-SCEですが、長生きしています。
確か最初にウェブサイトを公開したのは2002年の夏だったと思うので、それからはもう20年…
時間とは、人生とは何なのでしょう…