乗りログ > AQUOS PAD SH-08E(Android)をメインタブレット端末として使ってみて

 今まではほぼ読書のみに使っていましたが、メインのタブレット端末としてウェブサイト閲覧やマップなどを試してみました。
感想としては…

・遅い、カクカク
性能的にはiPad miniよりも上のはずですが、スリープ解除にかかる時間からして遅いです。
ウェブサイト閲覧(Firefox)も動作が遅く、Googleマップは酷すぎる遅さでした…

・フリーズしてアプリが落ちる
とあるゲームをプレイしようと思っていたのですが、フリーズしてアプリが強制終了されることが何度かあり、プレイを諦めました。

・バッテリーの消費が早い
今までは読書のみに使っていたので気づきませんでしたが、いくつものアプリを起動したままにしておくとバッテリーの消費が早く、寝る前に50%残っていたバッテリーが朝起きたら4%まで減っていたりしました。

…とストレスの溜まる結果となってしまいました。
解像度がWUXGA(1920×1200)と非常に高いせいもあるとは思いますが、もう少し頑張って欲しかったと思います。
とはいえ読書に遅さを感じることはなく読書端末として長く使うことになりそうです。
ただページめくりに音量ボタンを使っていたらキシキシと軋むようになってきたので、もしかしたらハードが壊れて買い換えるかも知れませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。