乗りログ > ワイヤレスマウスが壊れたと思って新しいの買ってきたら実はeneloopが死んでいただけだった

 新しく買ったワイヤレスマウスも動かず、おかしいなあと付属の電池を入れてみたら動きました。
まさかと思い付属の電池を壊れたと思ったワイヤレスマウスに入れたら…動いた…
また無駄な物を買ってしまった…

 タイトルに死んだと書いたものの、本当に死んだのかどうかは良く分からなかったり…
どちらのワイヤレスマウスとも、LEDは点くけど繋がらないという同じ症状なんです。
もしかしたらeneloopだとパワーが足りないのかもしれませんが、壊れたと思っていた方も以前は使えていたのでやっぱダメになったと考えるしかないですよね…
eneloopは他の機器で便利に使っているので買い換えても良いのですが、eneloopは通常の電池よりも長さ・太さともに少し大きいからか、壊れたと思っていたワイヤレスマウスにeneloopを入れると衝撃で電源が入ったり切れたりします。
(eneloopが死んでいるのと関係あるかもしれませんが)
うーん、乾電池にしちゃうのとどっちがましだろう…と考えたところで新しく買ったワイヤレスマウスを使えばいいと気づいた。

 ついでに、「親指サイズ」のUSBメモリに2Gバイト版の記事を見てこれを探したところ、形が全く同じなpqiのi810が4GBまで出ていたので4GB版を購入。
どこかのOEMなんでしょうけど…やっぱ大きい会社ほど優先的に売ってくれるんでしょうか…
製品自体は良い感じです。
こういうUSB端子の一部分だけの奴はむき出しでケースに入れる物が多い中、これはスライド式なのでケースを無くすこともなく安心して持ち運べます。
速度や信頼性はキニシナイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。