タグ別アーカイブ: Mac

iMac Late 2012とLate 2013のヒンジぶっ壊れ問題はやっぱり設計ミスだった?

 Apple、一部のiMacでヒンジが壊れ自費で修理したユーザーに対し修理代を返金。 (AAPL Ch.)

 自分も去年始めにiMacのスタンド?ヒンジ?がぶっ壊れたので、その時に同様の症状を報告している人の多さから設計ミスかなぁと思っていましたが、どうやらそんな感じみたいですね…
自分の場合はAppleCare Protection Plan for iMacのおかげで修理代は支払っていませんが…

修理完了のiMac(2)

 スタンドが固定できなくなって修理に出したiMacですが、土曜日集荷→日曜日到着・修理・発送→月曜日到着という考えられる最速で修理完了しました。
発送の2日後到着と、前回の液晶のシミ修理の3日後よりもさらに早くなっています。
じゃあ今回は修理内容が少なかったのかといえばそうでもなく、メカニズム(スタンドと本体の固定部分はそう呼ぶらしい)の交換だけでなく、前回行われた液晶パネルの交換をまた行ってもらいました。
理由はベゼルに傷があったから…
確かに傷があり、気にはしておらず連絡もしてませんでしたが、実物を見て交換してくれたようです。

 そしてこのメカニズムと液晶パネルの交換、無料です。
まあ1年間の保証期間は過ぎていて、22464円で購入したAppleCare Protection Plan for iMacのおかげですが…
iMac Mid 2010は3年間使って壊れなかったので購入するかどうか悩みましたが、早速元は取れた感じです。

 壊れない製品を作ってくれるのが当然一番ですが、サポートが良いので少しは許す気がしてきますね。
ただこのスタンドのメカニズムの故障は、調べるとそれなりに起きているようなので、設計ミスの気がします…
薄型iMacにしたときに新しい部品にしたものの、その部品が使い方によっては早く劣化して壊れる、みたいな…
多分改良型に交換されていて次はないことを祈りつつ、Retina iMacを羨ましいと思いつつ、しばらくはこのiMac Late 2013を愛用したいと思います。

iMacのスタンド?ヒンジ?がぶっ壊れた

 去年夏に液晶にシミが出てきて修理したiMacですが、突然スタンドのヒンジが壊れ、画面の角度の調整ができなくなりました。
ずっと一番下を向いています…ここまで持ち主に似るんですね…
Apple Care Plusに入ってはいますが、タダで修理してもらえるのかさてさて…

修理完了のiMac

 先日、iMacの液晶にシミができたため修理に出しました。
発送の翌々日には修理が完了し発送され、3日後に到着するという、満足できる対応速度でした。
修理内容としてはディスプレイの交換となり、購入後1年以内なので無償修理となりました。
とはいえもう購入後11ヶ月なので、AppleCare Protection Planを購入しておこうかと思います。
高いですが…もしものことを考えると安心感が得られるはずです。

iMacの液晶にシミが…?

imac_simi

 iMacの液晶の右下部分に、こんな感じに灰色のシミができていました…
iMac Mid 2010では3年少し使っでもシミができた記憶はありませんが、iMac Late 2013は使い始めてから1年弱でシミができてしまったと…外れ個体なのか薄型化の影響なのか…
保証で直してもらえることを期待して、1年の保証が終わる前に連絡してみたいと思います。
保証じゃ無理ですかね…

Yosemite

 ついにOS Xもフラットデザイン化です…
実際に使ってみないとなんとも言えないものの、不安の方が大きいです。
iOS 8はそんなに要らない機能が増えていき…
どちらも既に完成度が高く他にやることがないのかもしれませんが…
そして突然の新言語Swiftですが、Objective-Cに不満が多かったのは確かとはいえ…どうなんでしょうねぇ…

6月に突入にしたばかりなのに暑すぎるんだが。

 ATOK Passportを解約してことえりを使うようにしてから半年ぐらい経ったでしょうか。
ブログ記事を書いていなかったためはっきりとしませんが、だいたいそれぐらいな感じです。
かれこれ10年近く使ってきたATOKから全く使ったことがないことえりに切り替えてどうなるかと思いましたが、意外に何とかなりました。
キーバインドの違いに戸惑ったのも最初だけで、部分確定を「control+n」から「control+f」に変えることと、”…”を出すのに「・」から「option+;」に変えることに慣れれば大丈夫でした。
変換精度も思ったよりは悪くない感じです。
まあATOK未満なのは確かですし、学習機能の効かなさ?が気になるときもありますが…
増税&便乗値上げのせいで何もかも節約節約、です。

iPad Air/iPad mini Retina発表&Mavericks無料ダウンロード配布開始

 Apple Special Event October 2013にて、iPad Airと名付けられた小型化したiPadと、待望のiPad mini Retinaディスプレイモデルが発表になりました。
iPad Airが大幅に軽量化しているため、買う予定だったiPad mini Retinaとどちらを買うか悩みます…

 そしてOS X Mavericksが無料でダウンロード配布開始されました。
円安でMountain Lionよりも高くなるかなぁ…と思っていたところでまさかの無料です。
ということで早速インストールしてみました。
まぁ…そんな大きな変化はありませんね…

iMac Mid 2010からiMac Late 2013にしてみて感想箇条書き

・前から見ると厚さを感じられないくらい薄いけどただそれだけ、軽いのは少し嬉しいけど滑りやすい
・液晶の反射が少なくなったのは良い
・バックライトをより暗く設定できるようになったのは良い
・USB 3のおかげで外付けSSDが高速、仮想マシンのイメージファイルもSSDに入れられて快適
・光学ドライブは使用頻度が低いとはいえ内蔵している方が楽だった
・季節の変わり目ではっきりとは言えないものの発熱量(筐体温度)減、HDDレスなので冷却には気を遣わなくて良さそう
・メモリ換装のために本体をひっくり返す必要が無くて楽(2010でもできなくはないでしょうが)
随時追記するかもしれません。

iMac Late 2013到着&ほぼセットアップ完了

iMacLate2013

 土曜日に購入したiMac Late 2013が、10日かかって届きました。
で、疑似Fusion Driveを作る予定で購入したCTOモデルでしたが、疑似Fusion DriveへのOS Xのインストールが上手くいかなかったので諦めました…
「インストールの準備中にエラーが起きました。このアプリケーションをもう一度実行してください。」って言われてしまうんですよね…

 気になっていたFlashの速度は、Disk Speed Testで測定したところ、Read 703.9MB/s、Write 648.2MB/sとなりました。
VAIOのPCIe SSDは1000MB/sを超えてるようなので、Macももう少し速くなって欲しいところです。
USAP対応USB3 HDDケースで接続したサムスンSSD 840 500GBは、Read 414.5MB/s、Write 319.0MB/sとReadが少し仕様よりも遅い感じです。
新規でOS Xをインストールして、アプリやデータの移行がほぼ完了したところなので、まだ性能向上は起動が速いぐらいしか実感していません。
見た目は(ぱっと見)薄くなり、重さは軽くなり、そして液晶の反射が低減されているのが良いですね。
完全に落ち着くまではまだ数日かかりそうですが、その後はプログラミングやエンコードなどいろいろ活用していきたいと思います。