乗りログ > 2年ぶりにMultiWallpaperバージョンアップ(簡易説明)

 壁紙を変更すると別ユーザーの壁紙も変更されてしまう不具合を修正しました。
また、この問題に絡むのですが、今までMultiWallpaper.exeと同じフォルダに設定ファイル・キャッシュファイル・壁紙画像ファイル(以下設定ファイル等)を作成していたのを、Windowsの作法に則りAppDataフォルダに設定ファイル等を作成するようにしました。
バージョンアップするにあたり、もはや記憶がない部分も多くて動作に不安があったりしますが…
変更点はこれだけなので、不具合が発生していない場合はバージョンアップする必要はありません。

 設定ファイル絡みの動作がややこしくなるので、簡単に説明します。

  • 今まで使っていたMultiWallpeprをバージョンアップした場合
    設定ファイル等をMultiWallpaper.exeと同じフォルダに置いたままにするか、AppDataフォルダに移動するかのダイアログが出ます。
    ここで「移動しない」と完全に今まで通りに使用でき、「移動する」とAppDataフォルダに設定ファイル等が保存されるようになります。
    ただし「移動しない」場合、設定を保存せずに終了すると次回起動時にも同じダイアログが出ますのでご注意ください。
  • これからMultiWallpaperを新しく使い始める場合(MultiWallpaper.exeと同じフォルダに設定ファイルが存在しない場合)
    設定ファイルはAppDataフォルダに作成されます。
    MultiWallpaper.exeと同じフォルダに設定ファイル等を置きたい場合は、「C:¥Users¥(ユーザーアカウント名)¥AppData¥Roaming¥MultiWallpaper」以下にある設定ファイルをMultiWallpaper.exeと同じフォルダに移動してください。
  • MultiWallpaper.exeと同じフォルダにもAppDataフォルダにも設定ファイルが存在する場合
    通常はこのような状態になることはありませんが、この場合はMultiWallpaper.exeと同じフォルダにある設定ファイルが使用されます。
    というダイアログが毎回出ますので、使用しない方を削除することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。