乗りログ > Mountain Lionをクリーンインストールしました

 最近OS Xの調子が悪く、Snow Leopard→Lion→Mountain Lionと上書きし続けてきたということもあり、クリーンインストールをしてみました。
調子が悪いといってもQuickLookの暴走で、以前にQuickLookプラグインを作ってみようといろいろ弄ったことが原因でしょう…

 クリーンインストールにかかった時間は、外付けHDDにデータを移すのに2時間、OS再インストールに2時間、アプリケーションのインストールし直しと移したデータを戻すに2時間といったところでしょうか。
Mountain Lionにしてからではインストールできないアプリケーションがないか不安でしたが、Logicool Control Centerが引っかかりました。
ただ英語版ならバージョンが新しく、設定画面が英語になってしまいましたが使えています。
まだ必要なアプリケーションをすべて入れたわけではありませんが、今のところ引っかかったのはこれだけです。

 クリーンインストール前と比べて、動作が軽くなった気がします。
ドライブの空き容量も60GBほど増えています。
まだ入れる予定のアプリケーションはあるものの、そのサイズは20GBもないはずです。
ゴミファイルと使わないアプリケーションがどれだけの容量を食っていたのやら…
(キャッシュやログもあるでしょうが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。