日別アーカイブ: 2010年5月2日

>△<



 というわけで霜月はるかさんのライブに行ってきました。
こういう系はあまりブログには書かないようにしていますが…テンションあがってるので。

 会場はなんばHatch、席は自由席でした。
ほとんどの人が指定席で、自由席は70人くらいとなっていました。
自由席は1F後方で、場合によっては立ち見になるということでしたが、全員が座れていましたし、後方とは言え席が高くなっており、座っている状態では顔の位置がステージと同じくらいになる前方(指定席)よりは楽だったのではないでしょうか。
距離も遠いとは言え指定席2Fと同じでしたし、ちょっと安いことや、微妙な位置に指定されないということを考えると自由席で良かったと思います。
また、思ったんですが女性率が高いですね。
いや普通に考えれば別に高くはないんですが、大学の女性率数%の学部、女性率0%の研究室で過ごしている身としてはかなり多く感じました。

 そしてライブの方は…まあ良かったです。
ちょっと高音が割れすぎの気もしましたが、まあライブならではということで…
最初の曲「想いのカナタ」が始まり、そんな暗い曲でもないんですが、全員座ったまま微動だにせずこれで良いのかと思いましたがまあ良かったんでしょう…
その後2曲歌い、暗い曲を3曲歌い、(中略?)、myuさんをゲストにお呼びしてkukuiの曲(初フル公開の刀語4話ED「虚無の花」も)を歌い、(中略)、「導きのハーモニー」を歌い、アンコールで「(略)〜霧の向こうに繋がる世界〜」と「あしあとリズム」を歌ったという感じでした。
「虚無の花」は当然初めて聴きましたが良い感じですね…暗くて。
ただその代わりなのか大人の都合でCDで出せない「LUNA」のフルが歌われず、とても残念です…
「導きのハーモニー」は例のコーラスをし、「霧の向こうに繋がる世界」と「あしあとリズム」にてスタンディングでテンションを上げておしまいでした。
メンバーで渡辺”nabeken”賢一さん等を見れたのも良かったです…というか名前長いでしょ渡辺”nabeken”賢一さん…

 時間としては2時間半、本当にあっという間のライブでしたが楽しかったです。
次回も(関西で行われれば)行きたいですね…