カテゴリー別アーカイブ: 日々の日記

MultiWallpaper 3.1を公開しました

ver.3.1 2021/04/14 解像度が非常に大きい時にメモリ不足になる不具合を修正。(64ビット環境の場合は64ビットで動作するようにしました。32ビット環境の場合は不具合修正されていません)

 というわけで、64ビット化しました。
先日対応したはずのHiDPI環境で壁紙適用すると例外になるというご報告をいただいて調べていましたが、どうもC#(.NET Framework)のBitmapクラスの作成でエラーが発生している様子。
どうやら最大メモリサイズが32ビットだと1GB、64ビットだと2GBとなっているようなので、そこが引っかかっていたようです。
とりあえず64ビットで動作させるという暫定的な対策をしてバージョンアップしました。
参考:【C#】Bitmapクラスの最大サイズは?

 暫定的にといったのは、上限が2倍になっただけでしかないためです。
また、動作するとしても2GBのメモリを消費するのは何とかしたいです。
今のMultiWallpaperの動作としては、すべてのモニタを合わせた分の大きい画像を作成して、貼り付けたい画像を拡大縮小して貼り付けて、必要な部分だけ切り出しています。
MultiWallpaperを公開した2006年当時は4K等のHiDPIモニタなんてほぼ存在していなくて、そのような動作でも何GBもメモリを使うことはなかったのですが…
画像処理の知識があるわけではないので、思いつく対策としてはモニタごとに画像を作成して、貼り付けたい画像を拡大縮小することです。
できなくはなさそうですが、1枚の画像を全モニタに広げるときの位置の計算が面倒臭そうです…

 かっこ内の文章についてですが、C#でAnyCPUでビルドすれば64ビット環境では64ビットで動作し32ビット環境では32ビットで動作する(はず)なので、64ビット環境では上記の対策が効きますが、32ビット環境では今回の対策は効いていないですということです。

2021年度突入

 2021年も4月に入り、2021年度に入ってしまいました。
つまり、もう2021年の1/4が終わってしまいました…早すぎます…
あけおめ記事で2021年は何かをやったり、自分が変わったと思える年にしたいと書きましたが、1/4が終わった時点での点数を付けると60点ぐらいでしょうか…
これから加速していきたいと思います。

Simple MultiWallpaper Changerのメンテナンスを行いました

 先日MultiWallpaperのメンテナンスを行い、何か忘れているなぁと思ったらSimple MultiWallpaper Changerというソフトも公開していました。
MultiWallpaper同様に、高dpi環境でのUI表示に対応しました。
壁紙設定も問題なく動いていることを確認しましたが、ちょっと不安がありますので、おかしいところがありましたら連絡いただけると嬉しいです。

Faviconのメンテナンスを行いました

 昨日の記事の続きです。

 Faviconを今どきの解像度にアップデートしました。
といってもデザインは変えずに解像度を大きくしただけですが、Faviconが大きく表示される場合にボケずにしゃっきりと表示されるようになったはずです。
デザインが変わってなくて区別が付かないので、高解像度版にはこっそりとG-SCE.COMという文字を入れていますが、16×16や32×32で表示されていたら分からないと思います。

Faviconのメンテナンスを行いたい

 先日WEBサイトのメンテナンスを行ったときに思ったのですが、Faviconもアップデートする必要がありますね。
最近のモニタの高解像度化によるだけでなく、ショートカットアイコンや、ブラウザのよく使うサイトのアイコンなどに使われるようになり、高解像度なFaviconが必要となっているようです。
一方、本サイトのFaviconは未だに解像度16×16です。
2005年に作成した時から15年以上使い続けていますので仕方ない…とは言ってられないので、更新したいなぁと思っています。

MultiWallpaperのメンテナンスを行おうと思ったけれど…3

 昨日の記事の続きです。

 昨日の時点では

壁紙設定の高dpi環境対応は、とりあえず試している環境では動くようになりました。
メインディスプレイが高dpi+サブディスプレイが96dpiという環境です。
サブディスプレイが高dpiだったり、スケーリング比率の違う高dpiディスプレイ同士だったり、ディスプレイ3枚以上だったりといった環境でどうなるかはまだ謎です。

と書いてましたが、環境を準備してみて確認したところ、サブディスプレイが高dpiだと正常に動作しませんでした。
一方、メインディスプレイのみ高dpiであれば、ディスプレイ3枚でも問題なさそうでした。

 どうもサブディスプレイが高dpiだとおかしくなるというよりは、メインディスプレイが高dpiの状態ですでに正しく情報を取得できていない様子。
困ったなぁと思っていてふと思いついてWPFで作りかけていたMultiWallpaperを試したところ、こちらだとサブディスプレイが高dpiでも問題なく動いているような…?
WinFormsとWPFの違いで変わるのか? WinForms版の方にミスがあるのか? の原因は分かりませんが、やる気が無くなったのは確かなので今日はここまで…

あけましておめでとうございます

 2021年もよろしくお願いします。

 去年のあけおめ記事は何を書いたかなと思ったら、4月1日に↑の文章一行だけでした。
2020年は新型コロナで大変な年でした。
未来からこの記事を読んだときに、2020年が一番ひどかったと思うのか、2020年はまだマシだったと思うのか…どうなることやらです。
コロナのせいというわけではないですが、2020年は個人的にも何もすることなく過ごしてしまったので、2021年は何かをやったり、自分が変わったと思える年にしたいです。

キタコのエクステンションエアーバルブを買ったけれど

 そういえばこのブログでは一言も書いていませんでしたが、バイク買いました。

 ガソリンスタンドでバイクのタイヤの空気を入れようと思っても、多くのガソリンスタンドにある空気入れは自動車用です。
というのは、まっすぐな棒の先に空気入れ用の穴がまっすぐ(ほんのちょっと傾いてはいますが)付いていて、バイクのタイヤのバルブには物理的に挿せないのです。
そこで便利なのが、エアーバルブエクステンションで、バルブの角度を90度とか60度かに変えてくれます。
中でも有名(らしい)な、キタコのエクステンションエアーバルブを購入しました。
似たようなエクステンションバルブは多数存在しますが、キタコのエクステンションエアーバルブのみ付けっ放しでの使用が推奨されており、空気入れ時に着け外しする手間がなくて済むようです。
このように!!

 このように、付けっ放しで使うように……………………書いてないですね?

走行の際は取外されることをお薦めします

って書いてありますね…
ネットに上げられている同様の画像を見ると、

この商品は常時車両に装着して使用するよう設定しています

って書いてあるんですが…

 右下に書いてある数字が、今回購入したものは「180510」、ネットに上げられている常時車両に装着するよう書かれているものは「130510」になっています。
単純に考えれば2018年5月10日に作成されたものと、2013年5月10日に作成されたものだと思います。(日付までぴったりなのは怪しいですが)
つまり、常時車両に装着するように当初は言っていたもの、途中で改められたわけです。
「付けっ放しはバルブ部に負担がかかりそう」という不安を多くの方が記事に書いていましたが、実際にバルブの破損が起きて苦情が発生し、文言が改められたのでは? と想像してしまいます。
付けっ放しにできるのが楽そうで購入したキタコのエクステンションエアーバルブですが、購入したものの説明書に従い、空気入れ時だけ付けるようにしたいと思います。

夏至 -2019年6月22日-

 昨日ですが、夏至でした。
朝に自然に目が覚めて、外の明るさからもう朝かと思い時計を見たらまだ4時台だったり、
(日の出が最も早いのは数日前ではありますが)
夜に仕事が終わり家に帰ってきてもまだ明るかったりと、
(日の入りが最も遅いのは数日後ではありますが)
明るい時間の長さを感じます。

 これからどんどん太陽が出る時間が短くなり、朝6時に家を出てもまだ真っ暗だったり、仕事中の夕方5時に外を見たらもう真っ暗だったり…そんな冬の到来です。
まあその前に熱い夏が来るんですが…辛い…

 今年も半分近く過ぎてしまったので、中身はありませんがこんな感じで生存報告ブログ更新です。