乗りログ > 思うようにはいかなかった

 Mac OSを外付けHDDにだして、内蔵HDDはWindows XPで全部使おう計画…

 とりあえずMac OSを外付けHDDにインストール。
しかし、外付けHDD上のMac OSからはBoot Campが使えなかったので、内蔵HDD上のMac OSでBoot Camp設定。
そしてWindowsのインストール。
先頭200MBの領域を残してWindowsを入れてみた。
インストール完了するも起動しようとすると「hal.dll ファイルが存在しないか壊れている」とのこと。
MSのサポートページを参考に回復コンソールで修復を試みるも直らない。
Vista正式対応前にVistaを入れたときのことを思い出し、Boot Camp設定ができなくなるのを覚悟で200MBの領域を削除してWindowsインストール。
そしたら起動成功!
…なんだけど、200MBの領域を削除したせいかParallelsでBoot Camp領域の仮想化ができないという…
Windowsオンリーで使うかなあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。